コース紹介

北コース詳細

★思いっきりショットが出来、多彩なレイアウトで醍醐味が味わえるコース

HOLE No.1  PAR4

写真:ホール1

  左G 右G
BACK 420 468
REGULAR 400 448
FRONT 372 420
LADY’S 268 316

スタートホールとしては距離はあるがフェアウェーも広く豪快に打っていける。2打目付近はやや左足下がりになる事や、まだ距離も残るので無理せずに3オン狙いが好結果に繋がるかも。

レイアウト図:ホール1

 

▲このページのトップへ

HOLE No.2  PAR3

写真:ホール2

  左G 右G
BACK 162 168
REGULAR 151 157
FRONT 135 141
LADY’S 119 125

距離的には短めだが、やや打ち上げでグリーン面が見えない事が距離感を鈍らせる。1つ大きめなクラブで打って行きたい。グリーン間のバンカーは出来れば避けて欲しい。

レイアウト図:ホール2

 

▲このページのトップへ

HOLE No.3  PAR4

写真:ホール3

  左G 右G
BACK 409 421
REGULAR 396 408
FRONT 369 381
LADY’S 261 273

当倶楽部で1番戦略性が高いホールだ!ティーショットはセンター右目狙い。左目は禁物。 特に右グリーンは左右に樹齢200年以上の松が聳え立ち、ピンポジションに拘らず狙いは絞られてしまう。

レイアウト図:ホール3

 

▲このページのトップへ

HOLE No.4  PAR5

写真:ホール4

  左G 右G
BACK 498 463
REGULAR 470 422
FRONT 457 405
LADY’S 382 347

全体的に緩やかに打ち上げていくホール。距離もたっぷりある事と、セカンドショットではまだピンフラッグが見えないので、 しっかり方向を確かめてからヒットしたい。初めからグリーン周りからのアプローチショット3オン狙いで。

レイアウト図:ホール4

 

▲このページのトップへ

HOLE No.5  PAR4

写真:ホール5

  左G 右G
BACK 442 419
REGULAR 430 419
FRONT 403 407
LADY’S 347 324

風光明媚は言い過ぎかもしれませんが、兎に角打ち下しで眺めは一押しのホールである。豪快に打っていけて、落下地点が下っているので距離も伸びそう。セカンドショットでは特にグリーンオーバーに注意。

レイアウト図:ホール5

 

▲このページのトップへ

HOLE No.6  PAR4

写真:ホール6

  左G 右G
BACK 367 386
REGULAR 317 336
FRONT 321 340
LADY’S 257 276

ストレートでセカンドやや打ち上げのホール。特に注意したいのは、やや打ち上げになるのでダフリに注意。 100y近辺からもグリーンが見えないので、距離の確認が必要。

レイアウト図:ホール6

 

▲このページのトップへ

HOLE No.7  PAR3

写真:ホール7

  左G 右G
BACK 198 214
REGULAR 186 202
FRONT 175 191
LADY’S 129 145

難易度的にも当倶楽部で1・2を争うホールで距離も長く1オンするのも至難の業である。攻略1つとして大きめなクラブでセンターのバンカーを越える事によりアプローチショットを生かせれば好結果に繋がるかも北コースを攻略する為には、北No.7・No.8を如何に攻略するかが鍵と言われております。

レイアウト図:ホール7

 

▲このページのトップへ

HOLE No.8  PAR4

写真:ホール8

  左G 右G
BACK 412 436
REGULAR 402 426
FRONT 383 407
LADY’S 290 314

やや左ドックで平坦なホールだが、ティーショットがホール攻略の鍵になりそう。狙いはやや左目に打つ事によりセンターキープができる。フェアウェーは広いのだが、ティーショットの落下地点当たりがやや左ドックになる ので狭く感じてしまう。グリーン間のバンカーはなるべくなら避けて行きたい。

レイアウト図:ホール8

 

▲このページのトップへ

HOLE No.9  PAR5

写真:ホール9

  左G 右G
BACK 541 543
REGULAR 527 529
FRONT 511 513
LADY’S 430 432

ティーショット・セカンドショット共に豪快に打って行けそうだ。特にセカンドショットの狙い目は、中央の樹木狙いだ。またグリーン手前80yのクロスバンカーは、出来れば避けた方がアプローチがし易くなること間違いなし。

レイアウト図:ホール9

 

 

▲このページのトップへ