コース紹介


★打下ろし打ち上げドックレッグ等、変化に富んだコース

HOLE No.1  PAR4

写真:ホール1

  Green
BACK 353
REGULAR 353
FRONT 339
LADY’S 257

スタートホールとしては、やや右ドックで 左側にOBライン、右に法面が迫りメンタル面に影響を及ぼしている。グリーン手前80y付近から上りになっているので、1つ大きめにヒットしたい。

レイアウト図:ホール1

 

▲このページのトップへ

HOLE No.2  PAR3

写真:ホール2

  Green
BACK 136
REGULAR 128
FRONT 124
LADY’S 110

1グリーンで距離もなく比較的パーがとり易いが、打ち下しで砲台グリーンなのでショート目は避けたい。

レイアウト図:ホール2

 

▲このページのトップへ

HOLE No.3  PAR4

写真:ホール3

  左G 右G
BACK 317 314
REGULAR 317 314
FRONT 302 299
LADY’S 289 286

谷越えのホールで距離もなくドライバーで打つよりも150y位打てるクラブでセンター狙いをお勧めしたい。セカンドは左足下がりになるので、ボールの位置は右足目に置いてヒットする。

レイアウト図:ホール3

 

▲このページのトップへ

HOLE No.4  PAR4

写真:ホール4

  左G 右G
BACK 337 346
REGULAR 337 346
FRONT 321 330
LADY’S 274 283

左右が法面になっているのと、落下地点が見えない不安があるので、方向を確かめてから打って行きたい。距離がないのでティーショットは無理せずに行けば好結果に繋がるかも。見た目より距離がないので注意。

レイアウト図:ホール4

 

▲このページのトップへ

HOLE No.5  PAR5

写真:ホール5

  左G 右G
BACK 493 461
REGULAR 471 439
FRONT 456 424
LADY’S 428 396

真直ぐなホールだが打ち下ろし打ち上げとなり、特にセカンドショットはやや打ち上げになる事と、右側に1ペナ杭、落下地点が狭くなる事の2重のプレッシャーに注意。 全策か強攻策か選択が鍵のホール。

レイアウト図:ホール5

 

▲このページのトップへ

HOLE No.6  PAR3

写真:ホール6

  左G 右G
BACK 209 190
REGULAR 201 182
FRONT 165 146
LADY’S 136 117

特に桜の季節は1押し・2押しの素晴しさ。是非ご堪能あれ。打ち下しのホールなので、1クラブ落として打って行きたい。グリーン全体が左傾斜なので狙いはグリーン右目から。

レイアウト図:ホール6

 

▲このページのトップへ

HOLE No.7  PAR4

写真:ホール7

  左G 右G
BACK 320 307
REGULAR 320 307
FRONT 300 287
LADY’S 284 271

打ち下ろし打ち上げの短めなホール。セカンドショットは打ち上げになる事とまたグリーン面が見えない事が微妙に距離感を狂わせてしまう。目標が目線より高くなると、どうしても人間の心理で打ち上げたくなる(ダフリ・トップの原因)むしろ打ち込む意識がボールを簡単に上げられます。

レイアウト図:ホール7

 

▲このページのトップへ

HOLE No.8  PAR5

写真:ホール8

  左G 右G
BACK 469 466
REGULAR 469 466
FRONT 448 445
LADY’S 415 412

距離的には短いロングホールである。憶測で物を言ってはいけなが、おそらくホール毎の年間スコア集計でもパー・バーディー数が1番だと思います。グリーン手前のガードバンカーを避けて行ければもっと8番ホールの攻略率を上げることができるかも。

レイアウト図:ホール8

 

▲このページのトップへ

HOLE No.9  PAR4

写真:ホール9

  左G 右G
BACK 377 364
REGULAR 361 348
FRONT 324 311
LADY’S 250 263

真直ぐなホールでフェアウェーも広く豪快に打っていける。120y付近から緩やかな上りになるので、見た目より1クラブ大きめに打って行きたい。 グリーン奥から順目になる事と、傾斜があるのでなるべくなら手前から攻めて行 きたい。

レイアウト図:ホール9

▲このページのトップへ